勘六山房

 

勘六山房

作家、故水上勉氏が主宰し、1993年に長野県東御市に作った工房。

水上氏が最晩年の12年間を過ごし、執筆活動を始め、様々な創作活動を行った山房で、現在も水上氏の思想に基づき、その場所の竹、土を使った竹紙、陶器を制作している。


 

“Internet Explorer”をご利用の方で、画像が出ないなどの不具合がある場合は

“Firefox”をダウンロードしてからご覧ください。